フリーランスが知らないと損をする5つのコロナ給付金

新型コロナにより減収した世帯に対して、行政から多くの給付金が出ています。この記事では、フリーランサーが貰える給付金制度に絞って紹介します。全て返済不要なので条件に当てはまる給付金があれば必ず申請しましょう。

特別定額給付金(旧:生活支援臨時給付金)

フリーランサーだけではなく国民全員に10万円を一律給付される、確実に受給したい制度です。条件も基準日(令和2年4月27日)に住民票登録があればいいのでほぼ確実に給付されます。
申請期限は3か月に設定され、それ以降は申請しても給付されませんのでご注意ください。

支給額 一人につき10万円
条件 基準日(令和2年4月27日)に住民票登録がある
申請時期 令和2年5月以降
申請方法 郵送かオンライン申請(マイナンバー所持者のみ)

持続化給付金

減収したフリーランサーに最大100万円の給付される制度です。令和2年1月から12月のうち 50%以上減少したひと月があれば給付対象になります。全ての月で増収していると対象外となります。

支給額 最大100万円
前年の総売上(事業収入)―(前年同月比▲50%月の売上げ×12ヶ月)
条件 新型コロナの影響で売上が前年同月比で50%以上減少していること
申請時期 令和2年5月以降
申請方法 Web上での申請と予約制の窓口

小学校休業等対応支援金

通っている小学校が休校し、子供の世話で仕事ができなくなった、キャンセルになった場合に給付される給付金です。契約した仕事ができなくなっている子育て世帯が対象になっています。

支給額 1日当たり4100円 (定額)
条件 通っている小学校が休校し、子供の世話で仕事ができなくなった
支給期間 令和2年9月30日まで
申請時期 随時
申請先 指定の学校等休業助成金・支援金受付センター

住居確保給付金

減収したフリーランサーに原則3か月間の家賃補助される制度です。支給額は市町村によって異なりますが、返金不要。

支給額 賃貸住宅の家賃額
(上限額は住宅扶助特別基準額)(東京都1級地の場合単身世帯:53,700円、2人世帯:64,000円)
条件 減収し貯金も100万円を超えない額しかない方
(東京都1級地の場合)単身世帯:50.4万円、2人世帯:78万円、3人世帯:100万円
支給期間 原則3か月間
申請時期 随時
申請先 市町村の生活困窮者自立相談支援機関

休業協力金

新型コロナにより休業要請され、自主的に休業されているフリーランサー・個人事業主を対象とした協力金です。国の施策ではなく各都道府県ごとの施策なので住んでいる地域によって保証額などが異なってきます。

支給額 各都道府県ごとに異なる
条件 新型コロナにより休業・営業時間の短縮
支給期間 各都道府県ごとに異なる
申請時期 各都道府県ごとに異なる
申請先 各都道府県ごとに異なる

すべての給付金について申請できるか確認しよう

ご紹介した給付制度はすべて、返金不要で生活のために使っていいお金です。新型コロナにより減収した世帯にとってこれほどありがたいことはありません。行政に申請するので手続きが難しい言葉で書かれていますが、お問い合わせ窓口に電話すれば丁寧に回答してくれます。
この5つの給付金をフル活用して生活を安定したものにしましょう。

Related articles