無料のWPプラグイン「Disqus Comment System」について、福岡一、丁寧に導入から使い方まで解説します。

DISQUSとは

Disqusは、簡単な設定で驚くほど高機能なコメントシステムを埋め込むことができるオンラインコメントサービスです。日本ではまだあまり知られていませんが、いろんなプラットフォームのコメント機能で動作します。

プラットフォーム

こんな高機能で汎用性が高いDisqusのデメリットは、Disqusユーザにはコメントが見えてしまうことと、サイトが全て英語で表示されることです。英語だけってことでハードルは上がってしまいますね。

DISQUSの機能

コメント関連でいろんなことが一元管理できますね。Twitter, Facebookなどのソーシャルサービスとの連携はとてもうれしいです。でも今回はWordpressに組み込む方法を解説します。

DISQUSに登録

まずはDISQUSに登録します。Twitter, Facebookなどのアカウントでもログインできます。

disqus

登録が終わると、ログイン後の画面に遷移します。その画面の右上にあるボタンからAdd Disqus To Siteボタンを押してください。

このとき、Twitter, FacebookなどのソーシャルサービスでDISQUSにログインした方はUSERNAMEとPASSWORDとEMAILを設定しておいてください。

Add Disqus To Siteボタンを押すと下記画像のように必要項目を記入しなければなりません。

disqus

次に導入するプラットフォームを選択します。今回はWPを選択します。

disqus3

選択が終わると、次はWPのプラグインを導入するように指示されます。

disqus4

WPプラグイン「DISQUS」をインストール

ダッシュボードからWPプラグイン「DISQUS」をインストールして有効化してください。

disqus5

そして、ダッシュボードのコメント > DISQUSを押します。すると、下記画像のようにDisqusへのログイン情報が求められるので記入しましょう。その際、Twitter, FacebookなどのソーシャルサービスでDISQUSにログインした方は、USERNAMEにシステムから与えられたUSERNAMEが設定されていますが、このUSERNAMEを入れてもプラグインでは認証できない場合があります。その際はEMAILを記入してください。

disqus6

登録が終わるとプラグインの設定はこれで終わりです。

ふたたびDISQUSにて設定

DISQUSに再び戻るのですがAdminページでコメントの色んな設定をします。

disqus7

Settingタブをクリックすると英語でいろいろな設定ができまが、基本は

上記、二つは必ず設定してくさい。その他詳しい設定ができますのでいろいろカスタマイズしてみて下さい。

ふたたびWordpressにて設定

最後にコメント欄を表示させたいテンプレート(single.php, page.php, etc..)に下記を記述します。

<?php comments_template() ?>

これで完了です。動作確認すると下記のように表示されました。

disqus8

英語というのが難所ですが、設定・導入はかんたんですので是非頑張ってみてください。

参考サイト