福岡 web・ホームページ制作 Eight(エイト)

作って放置していたサイトが2か月でどうなったか報告しよう。

Category:コーディング

ホームページ制作において、重要な要素は「コンテンツ・デザイン・コンセプト」だと思っています。デザインは仕事上よくやっているのですが、コンセプトを考えコンテンツを作り上げることってしたことないなぁ~と思い立ったので始めて、自主サイトを制作することにしました。

アフィリエイト目的で作った。

せっかくサイト作るんだしマネタイズまで考えていこう。それで報酬があったら・・げへぇぇぇ。っという邪な考えより、地元の特産品でアフィリエイトプログラムがある商品を選定。

歴史・食材の説明・調理法を掲載し購買意欲を湧かせて、アフィリエイトを購入してもらおうという算段です。ページ数は30ページくらいのボリュームでワードプレスを導入しました。

仕事忙しくて放置プレイ。

会社に所属しているので仕事後に制作に入るわけですが、うん、作業できないね。日付が変わってからの帰宅が常なのでまったくもってエネルギーが足りてなかったです。見出しと工事中ページのみのコンテンツが3割くらいあったにもかかわらずとりあえず公開することにしました。

フレッシュネスアルゴリズムで最初はアクセスがあった。

数日後、管理サイトのアクセスを見ている傍ら、「あのサイトはアセセスなんて横ばいのグラフだろw」なんて思っていたら、あれ・・・意外や意外。
思ってたよりもアクセスがあるという結果。調べてみたんですがgoogleさんのフレッシュネスアルゴリズムのおかげだろうという結論に至りました。

フレッシュネスアルゴリズムとは

今回のアルゴリズムの更新により、さらに新鮮な情報を検索結果に表示することができるようになりました。この更新は、検索全体の約 35% にかかわる更新で、下記に示すような様々なレベルの情報鮮度に対応し、どのような場合により新しい、関連性の高い検索結果を出すべきか、今まで以上に高度に判定できるようになります。(Google Japan Blog)
http://googlejapan.blogspot.jp/2011/11/blog-post.html

やっぱりアクセス激減

ここから、「目の付け所がよかったらアクセスがあったんだ!」と勘違いし、他の仕事に力をそそいで放置していたらやはり想定どおりのアクセスに落ち着きました。
現在では新規97%、リピート3%というくらいの底辺。

と、いうわけで

最初のうちはフレッシュネスアルゴリズムの恩恵が得られますので、きっちりコンテンツを作ってから公開したほうがよいというのを体験しました。今回のサイトに関しては感想とかはブログ形式にして記事数が増えていくようにしていたら全体のボリュームも増えていきますしね。
今度はきっちり作りこむぞ!そして、来年こそは読者プレゼントとか企画したいですね!

Related Article

Comments

Page Top